海外ネタ

微笑みの国・タイの夜の蝶と仲良くなって聞いた話

投稿日:

 

微笑みの国・タイ。

 

日本人のみならず、世界中の人が訪れる人気観光地です。買い物してもよし、観光してもよしで僕も大好きな国の1つです。

 

タイと聞くと思いつくのが夜遊び。タイを訪れる男性のほとんどが夜の街を楽しんでいます。繁華街は夜中でもネオンで明るくテンションが上がります。

 

ここでは詳しくは言いませんが、大人の遊びが日本では考えられない価格でできるのがタイなのです。(それでも近年は価格が急増している)

 

僕も夜の街で遊びました。その際に夜のお店で働くお姉さんいわゆる夜の蝶と仲良くなりました。

 

ここではそんな夜の蝶に聞いた話を紹介します。タイ人女性と仲良くなりたい、あわよくば付き合いたいなんて人は参考になる内容です。

 

夜の蝶との出会い

僕が夜の蝶と出会ったのはゲストハウスで知り合った日本人と一緒にソイカウボーイを歩いているときでした。

 

ご存知の方もいると思いますが、ソイカウボーイの通りは夜のお店がずらっと並ぶ通りです。店の種類としてはゴーゴーバーと言われる日本でいうショーパブが多いです。

 

各店舗の女の子は客引きで通りに出てきています。お金もないこともあり、店に入る気はありませんでしたが、あるお店の女の子が話しかけてきました。

 

その子が僕が仲良くなった夜の蝶Aです。お店に入らず、外で話をしていたのですが、1杯だけということで入店。

 

もちろんAが僕についてくれます。お店の中は舞台があり女の子が踊っています。そのパフォーマンスを見ながらお酒を飲んでいるとAが連絡先を教えてくれました。

 

なぜ連絡先を教えてくれたのかは今でも不明です。

 

1杯でねばっていると閉店の時間が。着替えてくるから待っててとAは着替えに行ってしまいました。お店にお金を払えば店外に連れ出しができるようですが、僕は酒代以外1円も払っていません。さっぱり状況が理解できませんでした。

 

着替え終わったAが他のキャストと一緒に出てきました。別のお店で飲み直そうと言うのです。これはボッタクリバーに連れて行かれるか美人局的なやつだと一瞬躊躇しましたが、他にもいるしなんとかなるかと思ってついていくことに。。。。

 

ソイカウボーイ内にあるバーに行き、僕たち男2人、女の子3人の5人で1時間強飲みました。女の子がキープしてるボトルがあったみたいでそれを飲み会計へ。

 

ビビりながら会計をみるとめちゃくちゃ安い。普通に飲むより断然安い。明細をみると水とコーラのみ。得したと思って会計を済ませました。

 

するとさらに驚くことに女の子たちがお金を返してくれたのです。いらないと言っても返すと言う事を聞いてくれないのでありがたくいただきました。

 

再び一緒に飲むことに・・・

後日、Aから連絡がありました。「観光に連れて行って上げるよ」とのことです。ただ連絡があったのがタイを出発する前の日の夜だったのでありがたいけど断ることにしました。

 

するとじゃあ今日飲みに行こうと急遽飲みに行くことになりました。仕事があると言っていたのですが、サボってまで僕と飲んでくれたのです。

 

Aは英語が苦手なので英語ができる友達を連れて行くとのこと。結局夜の10時にゲストハウスの近くに迎えに来ました。

 

今回のメンバーは僕と女の子3人。軽く女の子の紹介をしておきます。

 

・A:僕が仲良くなったゴーゴーバーで働く女の子 20歳 彼氏・旦那なし 子持ち

・B:Aの友達で別のゴーゴーバーで働く英語ができる女の子 20歳 50代白人彼氏あり 子持ち

・C:Aと同じゴーゴーバーとで働く女の子 20歳 20代タイ人彼氏あり 子どもなし

 

全員僕より年下の女の子で2人は子どもがいるというなんとも不思議な状況。日本で僕が出会ったことのないような女の子たちです。

 

まずはBが買い物したいというのでナイトマーケットに・・・

 

大量の服を購入するBを見ているというなんとも言えない状況でした。

 

そして近くの屋外で飲めるバー?で4人で飲みました。AとCは英語があまり得意ではなく、話をするのはもっぱらB。noisyでした(笑)

 

AとCもGoogle翻訳を使って会話に参加してきます。ちなみにGoogle翻訳はタイ語→日本語にすると意味がわからない場合があるのでタイ語→英語で使うことをオススメします。

 

僕もタイの夜の蝶たちに興味があったのでいろんな話を聞きました。結局、朝5時まで飲むほど盛り上がり。ちなみに朝9時のフライトでまだパッキングをしてなかったのでバタバタになったのはいい思い出です。

 

ちなみに飲み代はまた割り勘でした。

 

タイの夜の蝶たちの話

夜通し飲んだおかげで面白い話がたくさん聞けました。夜の蝶に限らず、タイの一般的な女の子にも当てはまることもありますので参考にしてみてください。

 

夜の蝶の90%は子どもがいる

これはなんとなくわかっている人も多いと思いますが、夜の蝶はほとんどが子持ちです。中には何人も子どもがいるけど全員、お父さんが違うなんて人もいます。

 

AとBも元カレとの子どもを育てています。2人ともタイの男はろくでもないやつが多いと話していました。浮気は当たり前で複数の彼女がいる人が多いようです。

 

AとBも妊娠がわかると彼氏は他の男と逃げたとのことでした。性教育も遅れているのでしょう。

 

子どもを育てるために必死に夜の店で働いている女の子が多いのです。

 

中には客の外国人の子どもを身ごもり認知してもらえず育てている女の子もいるようです。

 

好きで夜のお店で働いているわけではない

子どものため、家族のため、またはお金のためなど人によって夜のお店で働く理由は違いますが、好きで働いている人はほとんどいません。

 

よく知らない男たち(多くは外国人)を相手にするのは辛いと話していました。長くお店で飲まれるよりも連れ出しされた方が楽だそうです。連れ出し=ホテルなのですが、そっちの方が楽というのは意外でした。

 

中には1日に何回も連れ出しされる人気キャストもいるようです。そういう人たちの給料は遊びに来ている外国人よりもはるかに多いのだとか・・・

 

よく夜のお店で働くのをやめろって説教してくる客がいるらいいのだが、「偉そうなこと言うならお前が養ってくれよ」って言っていました。

 

本当に好きな人ができてその人が養ってくれるならすぐにでもお店をやめたいそうです。

 

最近は女の子の負担を減らすためにお金を払った客でも連れ出しを拒否することができるお店も増えているそうですよ。

 

客と恋愛関係になることは少なくない

これは男ならみんなが気になること。夜の蝶と恋愛関係になることは可能なのか?

 

タイでは十分にありえます。タイは日本の夜の蝶に比べてビジネスという意識が低いです。客とはいえど男と女、恋愛関係になっても何も不思議ではないと話していました。

 

ただ恋愛関係を望む場合は連れ出し等の要求はせず、連絡先を教えて後日お店を通さずに会うそうです。

 

実際、Bは客で訪れた白人男性と1年以上交際しています。

 

交際相手にも条件があるそうです。

 

まずは自分が夜のお店で働いていることを責めない人。好きで働いているわけではないのに説教されたら嫌。お前も好きでお店に来てるくせに偉そうにすんなとのことでした。仕方なく働いているということを理解してあげて助けることのできる部分は援助してあげることが必要です。

 

次に子どもの存在を認めること。女の子が夜のお店で働くのも子どものため。子どもを優先的に考えています。Bが今の彼氏と付き合っている理由も子どもの存在を理解し良好な関係を築いているから。子どもと彼氏が仲良く遊んでいる動画を見せてもらいました。

 

あとは個人の好みで外国人は絶対に嫌だという女の子もいるし、逆にタイ人は嫌だからと客の外国人を狙っている女の子もいます。

 

タイの女の子は恋愛至上主義のようなところがあり惚れっぽいです。好きになったらとことんつくしてくれます。

 

しかし東南アジアの女の子に多いのですが、嫉妬深く他に女の子の存在をにおわせるとブチギレます。

 

くれぐれも同じお店の女の子はもちろん他の店でも女の子を指名しないようにしてください。

 

恋愛関係の可能性はあるといってもプロとしてビジネスと割り切っている女の子もいるので見極めが必要です。

 

ただ日本人ほど駆け引きが上手ではないのでカモにされている場合などは冷静になれば気づきます。

 

教えてくれた1つの見極め方として年齢があります。年齢が上になるほど業界歴が長く、プロ意識が高いです。

 

見た目に強いこだわり

タイの女の子は見た目にすごくこだわります。ファッション、メイクなどめちゃくちゃ研究しています。

 

これは街で女の子を見ていると気づくことですが、全体的にメイクが濃い子が多いです。それも見た目にこだわった結果でしょう。

 

またおっぱいもパットにヌーブラをしたりかなりもっています。これは3人とも共通していました。酔ってパットをとって見せてくれたのですがこんなに変わるのかとビックリしたぐらいです。

 

さらにこれは夜の女の子に多いのですが、整形も抵抗なくしています。Bは鼻をたかくするためにシリコンを入れていることを教えてくれました。一般人よりもお金を持っている夜の蝶たちは整形をしている人が多いようです。

 

これも夜の蝶に多いのですが、タトゥーが入っている人が多い。日本人と同じようにタトゥーには抵抗がある人も多いそうですが、夜の女の子はタトゥー率が高い。Aも背中にいかついタトゥーが入っていました。まだまだ増やしたいとか・・・

 

最後に

日本人として生きてきた僕には新鮮な内容の話が多かったです。なんでこんなに仲良くなったのかはわかりませんが、今でもたまに連絡がきます。

 

タイは欲望の国なんて人もいますが、他者の欲望を満たすために頑張っている人もいます。

 

タイでは面白い日本人にも出会いました。

・タイの夜の街にどっぷりハマって精力剤を飲んでまで出動しているおじさん

・タイで初体験を終えてしまった20歳の男の子(純粋であるがゆえに恋愛と勘違いしカモにされていることに気づいていませんでした)

 

遊びもいいですが、ほどほどにしないと破滅してしまいますよ。

 

最後にアドバイスですが、夜の蝶と長期的な関係を望むのならお金を持ってるふりはしないほうがいいですよ。カモにされて破産してしまいます。



スポンサーリンク







-海外ネタ

執筆者:ユウジ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピン・セブ島で話題のサービス【Airbnb】を使ってみた!!

  みなさん旅行は好きですか? 旅行のときはどこに泊まりますか? ホテル? 知人の家?   旅行に欠かせないのが宿泊先。 そんな宿泊先を選ぶ上で今後の選択肢となりそうなのがAir …

【旅人必見】絶対に役立つオススメ旅アプリ

  みなさんは海外旅行に行くときは何を持っていきますか? ガイドブック、洗面道具・・・   旅行を楽しもうと思うと持っていく物も自然と増えてしまいます。荷物が重くなって移動に苦労し …

ありえないっしょ! フィリピン人が日本へやってくる苦労

 フィリピンに留学に行った時に知り合ったフィリピン人が日本にやってきました。      色々話を聞くとイミグレ(出国審査)がかなり大変だったらしい。      そこで聞いた話をまと …

【英語まとめ】紛らわしい語法

    この子めちゃ美人やなあ   英語を勉強したり話したりしていると感じるかもしれませんが この語とこの語の使い方の違いって何かあるの?とかそういった疑問が出てくること …

【これぞ世界遺産?】ベトナムのハロン湾へ行ってみた!!

社会主義国であるベトナムを訪れました。治安は良くて、ご飯はおいしいめちゃくちゃいい国です。おまけに女の子もかわいくてグラマラスな子が多いです。女の子の体型はおそらく食べ物の影響でしょう。炭水化物が多い …