筋トレネタ

【スタイルの秘訣は筋トレ】美ボディの美女【フィットネスモデル編】

投稿日:2017年10月19日 更新日:

 

前回の【筋トレのモチベーション】筋肉が美しいセクシー美女【海外・フィットネスモデル編】が好評のようなので第二弾。(第三弾 【筋トレ女子の最高峰】お尻・くびれがセクシーすぎる美女たち【フィットネスモデル】を公開しました。)

 

最近では日本でもフィットネスの波がきていますが、海外、特にアメリカではフィットネスは当たり前のものとなっています。そのためフィットネスモデルと呼ばれる人も多く、その人気も高いです。

 

そんなわけで今回も注目の美人フィットネスモデルを紹介します。

 

 Ana Cheri(アナ・チェリ)

誕生年 1986年
出身 アメリカ
身長 170cm
体重 54kg

 

インスタグラムのフォロワーは1070万人超え。この数字はフォロワー数日本一の渡辺直美を超えています。ちなみにイギリスのロンドンの人口も超えてます。

 

5人兄弟で唯一の女の子だったこともあり子どもの頃から活発だったとのことです。兄弟の影響もありバスケットボールやフットボールをしていました。もともと体を動かすことが好きだったみたいですね。

 

2015年にウサギのマークが特徴の某男性向けセクシー雑誌でセクシーな姿を披露しました。そこから知名度が急上昇。男性のみならず女性人気も高いのがAna Cheri(アナ・チェリ)のすごいところです。

 

現在では知名度を活かし自分自身のジム、若者向けアパレルブランドを経営する実業家としても活躍しています。資産は357万USドル(約3億9270万円)と言われており、人気の高さをうかがうことができます。

 

夫もパーソナルトレーナー等で活躍するフィットネスエキスパートであるBen Moreland(ベン・モアランド)です。ここでは詳しく説明しませんが、興味のある方は調べてみてください。

 

Ana Cheri(アナ・チェリ)は脚トレの日が1番好きでいつも下半身を鍛えています。その結果、デッドリフトはMax205lbs. (約93kg)で体重の2倍近い重量を扱うことができるそうです。一般的な日本人男性の平均が80kgといわれているのでどれだけすごいかがわかります。

 

ちなみに嫌いな男性はジムに香水をつけてくる人だそうです。トレーニング中に感じる匂いが不快なのだとか・・・香水をつけるならトレーニングの後の方がよさそうです。

 

Ana Cheri(アナ・チェリ)のトレーニングの様子

 

Sommer Ray(ソマー・レイ)

Stay hydrated friends

A post shared by Sommer Ray (@sommerray) on

誕生年 1996年
出身 アメリカ
身長 170cm
体重 55kg

 

インスタグラムのフォロワーは1700万人の超人気フィットネスモデル。しかしSNS(Vine)に写真を投稿し始めたころはダンスの様子や歌を歌う様子をUPしていて今とは少し違っていました。その後、インスタグラムをメインに投稿するようになってから今のような写真投稿スタイルになりました。

 

両親はともに大会に出場するほどのボディビルダーということでSommer Ray(ソマー・レイ)が体を鍛えるのは当然の流れだったようです。父は彼女のフィットネストレーナーとしてトレーニングだけではなく大会への出場もサポートしました。その結果、16歳という若さでフィットネスの大会に出場しました。

 

Sommer Ray(ソマー・レイ)の人気の理由は顔がかわいいことはもちろんですが、1番は“お尻”。“Belfie Queen of Instagram(インスタのお尻自撮り女王)”と呼ばれるほどです。自分の体に自信を持っていて、セクシーな姿を頻繁に投稿しています。

 

月に3,000〜5,000USドル(33万〜55万円)の収入をインスタグラムの投稿から得ているとも言われています。

 

私生活では14歳年上の彼氏がいるとか・・・彼氏が羨ましいです。。。

 

Sommer Ray(ソマー・レイ)のトレーニングの様子

Sommer Ray(ソマー・レイ)の詳しい紹介はこちら

Jessie Delgado(ジェシー・デルガド)

誕生年 非公表
出身 アメリカ
身長 172cm
体重 非公表

 

インスタグラムのフォロワーは51万人。フィットネスモデル・パーソナルトレーナーでありながら看護師でもあります。

 

もともとは憂鬱で気分が落ち込みがちで自分に自信がもてず、体もスキニー(ガリガリ)でした。それがトレーニングをすることによって自信がもてるようになりフィットネスにのめりこんでいきました。

 

初めの頃は道具を使わない自重トレーニングのみを行っていました。精神的にポジティブな効果はありましたが、身体はそれほど変化がなかったそうです。

 

そこでウェイトトレーニングを取り入れると身体が急速に変化し始めたそうです。具体的なトレーニング内容としてはバーベルスクワットでお尻を中心とした下半身の筋肉、ベンチプレスとデッドリフトで上半身の筋肉を鍛えました。

 

トレーニングをしないことより悪いことはないと考え、旅行等でジムに行けないときであっても自重トレーニングを行っています。インスタグラムにも旅行先でのトレーニングの様子がUPされています。

 

土曜日と日曜日には有酸素運動も取り入れています。有酸素運動により血流がよくなり、、筋肉の栄養吸収があがり筋肉の成長が促進されると語っています。

 

食事にも気をつかっているが自分がしんどくない範囲(我慢しすぎない程度)で行っているそうです。

 

Jessie Delgado(ジェシー・デルガド)のトレーニングの様子

Jessie Delgado(ジェシー・デルガド)の詳しい紹介はこちら

Samantha[Sami] Bossert(サマンサ[サミー]・ボサート)

誕生年 1989年
出身 アメリカ
身長 170cm
体重 55kg

 

インスタグラムのフォロワーは85万人。ナースをしながらフィットネスを拡める活動をしているフィットネスモデルです。Sami Bの名前で知られています。

 

小さな頃からバスケットボールを中心にサッカー、バレーボール、ソフトボールなど様々なスポーツをしていました。

 

しかし運動をやめ、不摂生な食事で太ってしまいます。そんな自分の見た目が嫌だったことからトレーニングをはじめました。

 

大学時代にはパーソナルトレーナーの資格を取得するなどトレーニングに熱中します。ボディビルの大会に出場するほど体を鍛えることにのめり込んでいました。

 

それがあるときただ個人的に身体を鍛えることに違和感を感じます。そこで本当にやりたいことはフィットネスを始めたい人・続けたい人にモチベーションを与えることであると気づいたそうです。

 

今ではインターネットを利用したフィットネスのアドバイスを行っています。YouTubeで自分のチャンネルを持ち、トレーニング法などを発信しています。

 

トレーニング中の見た目にも気を使うべきだと考え、お気に入りのフィットネスウェアを着ることでトレーニングにも一生懸命になれると考えています。自らトレーニングウェアのブランドも経営しており実業家としての一面もあります。

 

不摂生な食事で太ったこともあり、食事にも気をつかっており炭水化物は必要最低限に抑えています。

 

Samantha[Sami] Bossert(サマンサ[サミー]・ボサート)のトレーニングの様子

 

Samantha[Sami] Bossert(サマンサ[サミー]・ボサート)の詳しい紹介はこちら

Lais DeLeon(レイス・デレオン)

誕生年 1987年
出身 ブラジル
身長 160cm
体重 52kg

 

 

インスタグラムのフォロワーは99万人のブラジル出身フィットネスモデル。フィットネスのみにフォーカスしたインスタグラムアカウント (@laisdeleonfitness)もあります。

 

19歳であった2006年にトレーニング開始しました。初めはムキムキになることを恐れてヨガや有酸素運動のみを行っていました。

 

しかしウェイトをしている女性を見て自分の目指す身体はウェイトトレーニングによって得られると感じウェイトを取り入れるようになりました。

 

当時はフィットネスモデルや筋肉質な女性をみてモチベーションを保っていたそうです。自分の最終的なゴール・目標を設定することがモチベーションを保つ秘訣とも語っています。

 

現在は週5日のトレーニングを行い、筋肉に必要な栄養を摂取するため1日に8回食事をしています。

 

好きなトレーニング種目は懸垂、腕立て、ランジということで全身のトレーニングに励んでいます。

 

トレーニング中に音楽を聞くことで気持ちを高ぶらせ、集中力を維持するようです。フォロワーにもトレーニング中の音楽を取り入れるように勧めています。

 

Lais DeLeon(レイス・デレオン)が考える女性らしくなるために必要なこと

  1. しっかり食べる
  2. 有酸素運動をサボるな
  3. しっかり寝る

効果な化粧品やエステに頼るよりこの3つに気をつける方が効果が高いかもしれません。

 

Lais DeLeon(レイス・デレオン)のトレーニングの様子

 

Lais DeLeon(レイス・デレオン)の詳しい紹介はこちら

最後に

やっぱり筋トレをする女性は美しい。筋トレは男性のためだけではなく女性にも大きなメリットがあるものです。むしろ筋トレは女性のために存在するのではないかとさえ思います。

 

まだまだ日本はフィットネス後進国。みんなが当たり前にフィットネスを行う時代の到来を心より望んでいます。

 

ジムに通うにも何をするかわからないという人にオススメなのがパーソナルトレーナーをつけること。パーソナルトレーナーをつけることでトレーニング効率は何倍にもなります。

 

CMでよく見るライザップもいいと思いますが、料金が結構します。そこで僕がオススメするのが24/7 ワークアウト。安いとは言えませんがライザップに比べると割安です。


 

スポンサーリンク







-筋トレネタ

執筆者:ユウジ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【モテホルモン?】テストステロンって何?どうやったら増えるの?

  筋トレをしてるといろんな情報を調べてしまいます。   その中でよく見かけたのだテストステロンという言葉。どうやらテストステロンってやつは筋肉や男らしさに作用するらしい。さらにテ …

上半身ばかり鍛えていた僕が下半身も鍛えはじめた理由

  僕は筋トレをはじめたばかりの時は胸や背中など上半身ばかり鍛えていました。身体も大きくなり始めてトレーニングを頑張っている気になっていました。   上半身だけを週2で鍛える日々が …

【筋トレ舐めるな!】マッチョたちが嫌がる非トレーニーの勘違い

【みんな納得?】筋トレあるある!!【初心者編】ではトレーニングをはじめた人が感じること、気づくことなどを紹介しました。   今回は筋トレをしてない人、これから始めようとする人が思うことを僕な …

【筋トレ女子の最高峰】お尻・くびれがセクシーすぎる美女たち【フィットネスモデル】

  【筋トレのモチベーション】筋肉が美しいセクシー美女【海外・フィットネスモデル編】 【スタイルの秘訣は筋トレ】美ボディの美女【フィットネスモデル編】 に続くフィットネスモデル紹介第三弾です …

【みんな納得?】筋トレあるある!!【初心者編】

  みなさん筋肉鍛えてますか? 筋肉痛はありますか? プロテインは飲んでますか?   今回は僕の趣味である筋トレについてです。 お前の趣味なんて知らねーよという人もいると思いますが …